コンテンツ一覧

卵巣に発症する癌の予防法

ナース

卵巣がんは初期の段階で、全く自覚症状が無いのが特徴です。何らかのの体調の異常が現れた時にはすでに癌が進行・最悪転移しているケースが多いので、早期発見の為に定期的な癌検診が重要です。卵巣がんの予防として、脂肪の摂取量を抑え、野菜や果物などの低脂肪の食材を多く摂ることが一番の予防法とされています。

詳しく見る

癌という病気

病院

胆管がんやその他の癌に関して日頃から注意し、自分の体と向き合ってくれる人が一人でも増えれば嬉しいですし、もっと世間に検診の大切さが広まれば良いと思います。癌で亡くなる人、悲しむ人を未来へ向けて減らしたいです。

詳しく見る

がんの一種を調査

バスト

乳がんはがんの一種で、近年大きな問題となっています。また、リンパ節などに転移する可能性もありますが、早期の治療で治ることもあります。また、治療の人気の理由としては様々ありますが、体験談を見て勇気づけられるということが挙げられます。

詳しく見る

がんを治す

ドクターとナース

大腸がんは直腸や肛門にできるがんで、早期に発見することで、完治する確率は高いものとなっています。検診も受けやすいものになっており、病院などでもオススメされています。大腸がんの治療に関しても、たくさんの名医が揃っており安心して治療を受けることができます。

詳しく見る

心臓の病気を治療する

ドクター

循環器科での治療内容を知ることによって、心臓や血管の病気になった場合役立てることができるようになります。動脈硬化などの生活習慣病が増えている現代では、今後循環器科での検査が重要になっていくと考えられます。

詳しく見る

とても恐ろしい病気

相談

すい臓がんは、日本で増えているガンです。この病気は、初期の段階では、胃腸が悪いとしか認識されないことが多いです。なので、病気が進行して初めて、病院に駆けつける方が多くいます。なので、早期発見には日頃の病院での検診が大切です。

詳しく見る

悪性腫瘍問題

医者と看護師

肝臓がんというのは、肝臓の悪性腫瘍になってきますけど、工夫する事は、お酒を適度に飲むようにする事です。沢山飲むような状態にならないようにします。また、肝臓がんというのは、症状に気づきにくいです。ですのて、定期的に検査をしてもらいます。

詳しく見る

肝炎のチェックが重要です

聴診器

肝臓がんにならないためには、まず肝炎にかかっていないかチェックすることです。C型やB型肝炎から慢性肝炎、肝硬変と進行し肝臓がんに人がほとんどです。さらに不規則な生活は控え、禁煙・節酒・適度な運動を日常生活に取り入れることで肝臓疾患のリスクを下げることが出来ます。

詳しく見る

がんのアプローチ

ハート

話題の免疫療法について詳しく知りたい場合は、セミナーなどのイベントを利用すると内容が分かります。専門家から直に話が聞けることは、大きなメリットです。免疫療法は、これまでの治療が効かなかった方にも効果が見られることがあります。治癒の可能性が広がるとして、人気の治療です。

詳しく見る

関節が破壊される病気

医者

関節リウマチは、免疫の異常によって起こる病気で、手足の関節に炎症があらわれ、痛みや腫れの症状が出ます。徐々に全身に症状が広がっていくので、初期症状に気を付け、早めに世田谷などの専門病院で、治療を受けることが大切です。

詳しく見る

頭蓋内の腫瘍とその治療法

看護師

毎朝激しい頭痛が起きるようなら脳腫瘍の可能性があります。頭蓋骨内部に腫瘍ができると頭蓋内圧亢進症として頭痛の他に吐き気や嘔吐・神経症状などが生じます。良性腫瘍・悪性腫瘍とも手術による切除が基本ですが、悪性腫瘍の手術では高い再発率が課題でした。技術の進化によって手術での治療成績も大きく向上しています。

詳しく見る

日本人に多いがん

カウンセリング

がんの原因

胃は栄養素を吸収しやすいように食物を一時的に貯留して消化する器官です。胃がんは何らかのきっかけで胃壁の内側を覆う粘膜の細胞が悪性化したときに発生してしまいます。胃がんが発生する原因には遺伝、喫煙、胃内に常駐するピロリ菌、食塩の取りすぎ、野菜の摂取不足などが挙げられていますがはっきりとした原因がつかめないのが現実です。 各自治体ではこれらのがんを撲滅するために胃がん検診などを行っています。国保加入者で定期的に健診ができない人のために実施しており、その受診者も費用が自治体で一部負担されることから多くの人が健診に訪れています。胃がんは最初はゆっくりと粘膜を横に広がっていきますがやがて縦方向に進行します。また胃がんにはスキルスガンと言って縦方向に成長するスピードが速いものもあり、血流やリンパ流に乗って他の部位に転移するものもあります。

細胞がこぼれていないか

がんが成長し胃壁の外側に到達して胃壁を突き破るとがん細胞は腹部のの臓器が収まっている腹腔を覆う腹膜にこぼれ落ちて、散らばって転移をしてしまいます。そのためがん性の腹膜炎を起こしてしまったり、腹腔内に水分が貯留するようになります。転移してしまうと腹部が固く張った感じがしたり腹部の盛り上がりや腹壁の緊張が自分でも自覚症状としてわかるようになってきます。これが胃がんが転移したときの症状です。 胃がんについては胃透視検査や内視鏡検査が行われますが、これらの検査を積極的に受けて胃がんの予防に努める人も多くいます。またこのがんの転移については胸部のX線検査をはじめエコー、CT検査などで早期の転移の発見に努める必要があります。

オススメ記事

ナース

卵巣に発症する癌の予防法

卵巣がんは初期の段階で、全く自覚症状が無いのが特徴です。何らかのの体調の異常が現れた時にはすでに癌が進行・最悪転移しているケースが多いので、早期発見の為に定期的な癌検診が重要です。卵巣がんの予防として、脂肪の摂取量を抑え、野菜や果物などの低脂肪の食材を多く摂ることが一番の予防法とされています。

詳しく見る

病院

癌という病気

胆管がんやその他の癌に関して日頃から注意し、自分の体と向き合ってくれる人が一人でも増えれば嬉しいですし、もっと世間に検診の大切さが広まれば良いと思います。癌で亡くなる人、悲しむ人を未来へ向けて減らしたいです。

詳しく見る

バスト

がんの一種を調査

乳がんはがんの一種で、近年大きな問題となっています。また、リンパ節などに転移する可能性もありますが、早期の治療で治ることもあります。また、治療の人気の理由としては様々ありますが、体験談を見て勇気づけられるということが挙げられます。

詳しく見る

Copyright© 2017 胃がんや卵巣がんを治療する│ガン転移予防基本ガイド All Rights Reserved.