コンテンツ一覧

癌という病気

病院

癌には様々な種類がある

数多くある癌の種類の中でも、私にとって胆管がんとはとても身近な存在です。卑近な例では、去年祖母を胆管がんで亡くし、今年叔父も亡くなり、とても他人事とは思えませんでした。 最初に胆管がんと聞いた時はどのような癌か想像がつきませんでしたが、自分なりに調べたり話しを聞いたり徐々に理解できるようになってきました。体に異変が出ないとなかなか気づく事のできない病気です。そして自覚症状が出た時にはもう既に手遅れなケースが多いのも事実です。症状や年齢によっても処置の方法は変わってきますので、慎重な判断が必要です。 結局、祖母の場合は高齢だった為手術はせず対処薬で対応していきました。

自分の体と向き合おう

胆管がんで亡くなる人が周りに多かった事で感じたのは、もっと検診をして早い段階でわかるような研究・開発がされると良いと思いました。そして検査や検診をもっとまめにやるのを奨励する事を、テレビや新聞等を通して強く訴え世間に広めていくのが大事だと感じました。また、芸能人の方も癌を発症してしまう人がおり、病気について詳しく知る人は多かったと思います。やはりマスメディアの影響力はとても大きいので、これをきっかけに胆管がんだけではなく、癌という二人に一人はかかる国民病をがん検診を通してもっと注意喚起を訴えるべきです。日本はがん検診の普及率が他の国に比べると低いのでもっと日頃から検診を受け、癌で亡くなる人が一人でも減ると良いです。

オススメ記事

ナース

卵巣に発症する癌の予防法

卵巣がんは初期の段階で、全く自覚症状が無いのが特徴です。何らかのの体調の異常が現れた時にはすでに癌が進行・最悪転移しているケースが多いので、早期発見の為に定期的な癌検診が重要です。卵巣がんの予防として、脂肪の摂取量を抑え、野菜や果物などの低脂肪の食材を多く摂ることが一番の予防法とされています。

詳しく見る

病院

癌という病気

胆管がんやその他の癌に関して日頃から注意し、自分の体と向き合ってくれる人が一人でも増えれば嬉しいですし、もっと世間に検診の大切さが広まれば良いと思います。癌で亡くなる人、悲しむ人を未来へ向けて減らしたいです。

詳しく見る

バスト

がんの一種を調査

乳がんはがんの一種で、近年大きな問題となっています。また、リンパ節などに転移する可能性もありますが、早期の治療で治ることもあります。また、治療の人気の理由としては様々ありますが、体験談を見て勇気づけられるということが挙げられます。

詳しく見る

Copyright© 2017 胃がんや卵巣がんを治療する│ガン転移予防基本ガイド All Rights Reserved.