コンテンツ一覧

がんを治す

ドクターとナース

食品におけるがんのリスク

大腸は、摂取した食物が消化吸収された残りの腸内容物をためて、水分を吸収し大便にする器官です。腸内には100種類以上の腸内細菌が存在するといわれています。大腸がんは、直腸や肛門に発生します。大腸粘膜からガン細胞が発生し、血便や繰返しひどい下痢などが特徴として見られます。大腸がんは発見が早ければ、100%に近い確率で完治することができます。ですので、必ず大腸がんの検診を受けるようにしてください。初期の段階では、大腸がんは無症状です。症状が表れてからの発見になると、がんの進行が既に進んでいる事が多いです。また飲酒や加工肉は大腸がんのリスクが高いです。普段から飲酒をし過ぎない事と、加工肉などの継続的な摂取を避けてください。

がんの検診

大腸がんは、発見が早期であれば完治する確率が非常に高いとされています。病院などでは、数あるがん検診の中でも比較的オススメしやすい検診としています。事前の食事制限がなく、すぐに検診を受けることができます。検診方法は、地域や職域で普及してきた免疫学的潜血反応によるものです。簡単な検査になりますので、この検査で陽性であっても、大腸がんであるという訳ではありません。検査の中で陽性であれば、更に精密検査を受けることができます。大腸がんの検診料も比較的安めで、他のがん検診と比べると気軽に受けやすくなっています。また大腸がんは、実績のある名医が揃っており、病院を選ぶ際にも、安心して医師に治療をしてもらうことができます。

オススメ記事

ナース

卵巣に発症する癌の予防法

卵巣がんは初期の段階で、全く自覚症状が無いのが特徴です。何らかのの体調の異常が現れた時にはすでに癌が進行・最悪転移しているケースが多いので、早期発見の為に定期的な癌検診が重要です。卵巣がんの予防として、脂肪の摂取量を抑え、野菜や果物などの低脂肪の食材を多く摂ることが一番の予防法とされています。

詳しく見る

病院

癌という病気

胆管がんやその他の癌に関して日頃から注意し、自分の体と向き合ってくれる人が一人でも増えれば嬉しいですし、もっと世間に検診の大切さが広まれば良いと思います。癌で亡くなる人、悲しむ人を未来へ向けて減らしたいです。

詳しく見る

バスト

がんの一種を調査

乳がんはがんの一種で、近年大きな問題となっています。また、リンパ節などに転移する可能性もありますが、早期の治療で治ることもあります。また、治療の人気の理由としては様々ありますが、体験談を見て勇気づけられるということが挙げられます。

詳しく見る

Copyright© 2017 胃がんや卵巣がんを治療する│ガン転移予防基本ガイド All Rights Reserved.