コンテンツ一覧

悪性腫瘍問題

医者と看護師

お酒は適度に飲む事

肝臓がんというのは、日本でも多くの人が発症してしまっている、肝臓にできる悪性腫瘍になってきます。そこで、肝臓がん予防において工夫する事が、お酒は適度に飲むという事になってきます。お酒を飲むのが習慣化して、沢山飲むような状態になっていると、当然、その影響が肝臓に及んできます。肝臓の状態が悪化して、最終的に肝臓がんという形になってきますので、注意しなければいけないです。しかし、お酒を適度に飲むことによって、そのような状態になりにくいです。お酒が好きですと、どうしても沢山飲んでしまう事が多くなりますけど、常に適度に飲む事を習慣化すれば、その状態に慣れて、沢山飲むようなことも少なくなってきますので、意識していきます。

気づきにくい

肝臓がんというのは、日本でも珍しくないですし、注意しなければいけない癌の1つになっています。そこで、この病気の特徴の1つが気づきにくいという事です。初期状態ですと、特に症状というのが表れにくいですので、気づいた時には、進行していた状態という事になっている事が多いです。ですので、癌の中でもよりいっそう意識を強めて行く必要があります。原因としては、お酒の飲み過ぎがあります。ですので、日ごろからお酒を沢山飲んでいる人は、定期的に肝臓の状態を検査してもらう必要があります。今の所、検査をしなければ、肝臓がんを把握できないというのが現実です。肝臓がんにおいても、年をとってくるほど発症しやすくなりますので、中年以降の人はより警戒を高めて行きます。

オススメ記事

ナース

卵巣に発症する癌の予防法

卵巣がんは初期の段階で、全く自覚症状が無いのが特徴です。何らかのの体調の異常が現れた時にはすでに癌が進行・最悪転移しているケースが多いので、早期発見の為に定期的な癌検診が重要です。卵巣がんの予防として、脂肪の摂取量を抑え、野菜や果物などの低脂肪の食材を多く摂ることが一番の予防法とされています。

詳しく見る

病院

癌という病気

胆管がんやその他の癌に関して日頃から注意し、自分の体と向き合ってくれる人が一人でも増えれば嬉しいですし、もっと世間に検診の大切さが広まれば良いと思います。癌で亡くなる人、悲しむ人を未来へ向けて減らしたいです。

詳しく見る

バスト

がんの一種を調査

乳がんはがんの一種で、近年大きな問題となっています。また、リンパ節などに転移する可能性もありますが、早期の治療で治ることもあります。また、治療の人気の理由としては様々ありますが、体験談を見て勇気づけられるということが挙げられます。

詳しく見る

Copyright© 2017 胃がんや卵巣がんを治療する│ガン転移予防基本ガイド All Rights Reserved.