コンテンツ一覧

肝炎のチェックが重要です

聴診器

肝臓は「沈黙の臓器」と異名を持つほど、異常が起きても自覚症状がなく無症状のまま進行していきます。日本人の場合、肝臓がんの大きな原因となっている者は、C型肝炎ウイルスやB型ウイルス肝炎ですが、不規則な生活習慣などでも肝臓がんのリスクが高くなります。肝臓はいろいろな要因により障害を受けても、代謝作用が働きもとに戻ることができる臓器です。しかし、肝臓の障害が一定限度を超えてしまうと肝不全という状態になります。肝不全になってもこれと言った自覚症状がなく、そのまま肝臓が障害を受け続けてしまい、気が付いた時には重篤な状態になっていたり、肝臓がんになることがあります。主な症状は、腹部のしこり・黄疸・貧血・微熱・倦怠感などがあります。この中でも気づきやすい症状が黄疸です。皮膚や白目が黄色くなっていきます。

肝臓がんの発見につながりやすく、比較的自分で気が付きやすい症状が黄疸と腹水です。日本人は黄色人種のため軽度の黄疸は目立ちにくい傾向がありますが、白目が黄色くなる他に、尿の色が濃くなった場合は黄疸を疑い、受診するようにしましょう。また腹水は体液が腹腔内にたまったものです。健康な人は肝臓から作られる「アルブミン」という成分が体液を正常に保つ働きがありますが、肝臓が弱まってくるとアルブミンがうまく作られず、血管から水分が漏れて腹腔内にたまってしまいます。腹水がたまってくると、食欲不振や膨満感などの症状が現れます。黄疸と腹水の症状がある場合はすぐに内科への受診をお勧めします。普段から肥満ぎみで暴飲暴食などの不規則な生活をしている人は、定期的に肝臓の検査をすることが大切です。

オススメ記事

ナース

卵巣に発症する癌の予防法

卵巣がんは初期の段階で、全く自覚症状が無いのが特徴です。何らかのの体調の異常が現れた時にはすでに癌が進行・最悪転移しているケースが多いので、早期発見の為に定期的な癌検診が重要です。卵巣がんの予防として、脂肪の摂取量を抑え、野菜や果物などの低脂肪の食材を多く摂ることが一番の予防法とされています。

詳しく見る

病院

癌という病気

胆管がんやその他の癌に関して日頃から注意し、自分の体と向き合ってくれる人が一人でも増えれば嬉しいですし、もっと世間に検診の大切さが広まれば良いと思います。癌で亡くなる人、悲しむ人を未来へ向けて減らしたいです。

詳しく見る

バスト

がんの一種を調査

乳がんはがんの一種で、近年大きな問題となっています。また、リンパ節などに転移する可能性もありますが、早期の治療で治ることもあります。また、治療の人気の理由としては様々ありますが、体験談を見て勇気づけられるということが挙げられます。

詳しく見る

Copyright© 2017 胃がんや卵巣がんを治療する│ガン転移予防基本ガイド All Rights Reserved.